倉敷の町に関わりながら、考えて行動するという趣旨で、建築家楢村徹氏を塾頭に始まった倉敷再生塾の2期生。倉敷の歴史を学んだり,空家調査を手伝ったりしてきました。最終課題は『倉敷旧市街地の活性化』その中に、具体的に自分が空家を再生して、旧市街地で暮らしたいというメンバー。彼の借りた
家の再生図面を課題とする人。その家の廻りを活性化するプランをつくる人。そんな楽しい課題が、実際の再生の取り組みとして動き始めました。このブログはその取り組みを現場だよりとして、実際には
参加できない仲間にもお知らせするものです。
[PR]
# by re_kura | 2010-06-01 09:42